紫外線から守るために|予約が肝心!ベビーベッドのレンタルは早めにしておこう
赤ちゃん

予約が肝心!ベビーベッドのレンタルは早めにしておこう

紫外線から守るために

乳児

ベビー用を使いましょう

紫外線の肌への影響は様々あり、シミやシワの原因となるだけでなく、皮膚がんなどへの影響も懸念されています。よって、紫外線の強い夏場には日焼け止めクリームなどでの紫外線対策は必須であり、近頃ではテレビの天気予報でも紫外線情報を伝えるようになりました。そしてその紫外線の影響は大人だけでなく、赤ちゃんももちろん受けることになるのです。しかも、赤ちゃんは大人よりも肌が弱い為、影響を受けやすく、大人以上にしっかり紫外線対策をすることが必要になります。しかし、肌の弱い赤ちゃんに大人用の日焼け止めクリームでは成分が強すぎて良くありません。近年では赤ちゃん用の日焼け止めクリームも多くの種類が販売されています。肌に優しく、洗い落としやすい日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。

帽子なども必要

前述のように、紫外線の強い夏場の外遊びには、赤ちゃん用の日焼け止めクリームでの紫外線対策が必要です。しかし、日焼け止めクリームを塗ったから安心というわけではありません。外遊びをする時には、必ず帽子をかぶせるようにしましょう。つばのあるものがベターです。また、水遊びをする時にはラッシュガードを着せることが望ましいです。上半身の日焼けを防ぐことが出来ます。また、ベビーカーでの移動時は、日除けカバーをしっかりかけてあげましょう。日の射す方向が変わってないか、きちんと日陰ができているか、時々確認することが大切です。このように、日焼け止めクリームで基本的な紫外線対策をしつつ、日常生活でもいくつかのポイントに気をつけることで、赤ちゃんをしっかり紫外線から守ってあげることが出来ます。